設備のトラブルは管理会社へ連絡

"賃貸物件で借主がトラブルを勝手に修理をした場合におきましては、その修理費用を支払ってもらえないことがあります。
なので自分で判断をするようなことはしないで、必ず管理会社等の指示を受けるようにしてください。

 

契約の時にもらった書類などに、設備のトラブルが発生してしまった際の連絡先が載っているかと思います。
かなり目立つカビ、また水漏れなどは放置をして被害が大きくなると契約者の責任ともなりますので、早目に連絡をするようにしてください。
賃貸物件に住んでみますと「エアコンが動かない」「お湯が出るのが遅い」などなど、元々部屋に備え付けの設備にトラブルが起こるものです。
もし何かしたのトラブルが発生した時には、早目に大家さんや管理会社に連絡をして対処をしてもらうようにしてください。"

川元誠一
http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/229684/
川元誠一のことなら



設備のトラブルは管理会社へ連絡ブログ:2017-7-16

僕の友達の父親が亡くなった。

友達の父親が病気で入院したのは最近のことで、
けれど、先月、病状は悪化し危篤となり、
一週間後に、亡くなられたのだ。

その一週間、
友達はずっと病床で父親を看病していた。
兄弟の中で、唯一、自由が利く職業だったから、
それは本当に幸運だったと言いながら、
本当に貴重な一週間だったと話してくれた。

友達の父親は、自ら事業を興した人だった。
とても苦労をした人だったという。
そして、一心に仕事をする人だったという。

友達もまた、自ら事業を興し、
仕事を一生懸命やってきた。
その原点は、やはり父親だった。

一週間の間、あらためてそれを思い出した。
そして、父親が今までしてくれたこと、
自分達にかけてくれた愛情について思い出し、
どれほど父親が愛を持って接してくれたかを感じたそうだ。

それは、
父親にお礼が言いたいという
思いになっていった。
けれど、なぜか言えない。
どうしてか言葉にできない…

「ありがとう」
それが言えたのは、
心音が消えたその瞬間だったそうだ。

友達の話を聴きながら、
もし、自分の父親が倒れて、
その最期を看取ることになったらどうするだろうと思った。

そんなこと、具体的に考えたことがなかったことに
僕は気がついた。

僕の父親は、愉快な人だし、
話す時は大変饒舌になるが、
自分の真の心の内を語ることは少ない人だ。

父親が今まで苦労してきたこと、本当に辛かったこと、
そして、僕自身が今まで生きてきて辛かったこと、してほしかったこと…
そうした会話をきちんとしたことは一度もなかった。